冷麺に〇〇をのせるとウマい !

皆様こんにちは(^^)/

クラブフィン店長シュレックです!

暑い日は冷麺がことさらウマい!!

冷水でキリッと締った中華麺。
キュウリにハム、中華クラゲと酸味のあるトマト。
錦糸卵も忘れずに載っけて……
と・・・ちょっと待った!

冷麺に細く切った薄焼き卵を合わせるのが一般的。

でも実は…

「目玉焼き」を載せみたら激ウマでした!

レギュラー具材と共に、最後に目玉焼をドーン!

見慣れぬビジュアルに少し戸惑いつつ、箸で割った黄身と麺を一緒にお口に運ぶと……うん、これはアリです!!

トロッとした黄身とあっさりとした白身のバランスが絶妙!

目玉焼きは、底をごま油でカリカリに焼くのがポイント。

錦糸卵より簡単に作れるので、疲れているときにもピッタリなのです!

ただし、出来立ての目玉焼きを載せると全体的にヌルくなってしまいます。

最初に目玉焼きを作ってから、他の具材を用意している間に冷ますとちょうど良い感じになります。

予熱で黄身が固まってしまわないように、黄身の半熟加減の調整も忘れずに!

「冷やし中華の目玉焼き載せ」この夏、是非お試しください!

本日も素敵なSMライフを♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です