【SM】放置プレイは「ほったらかし」ではない

皆様こんにちは(^^)/

クラブフィン店長シュレックです!

毎週火曜日はSMに関するお役立ち情報をお届けいたします(^^)/

放置プレイ、それはまさしく長時間放置するプレイなります。

女王様は様々な方法でM男さんに身体的・精神的な苦痛を与えていきます。

放置プレイはプレイ中に放置や無視をして精神的苦痛を与えることによって性的快楽を得ることが目的のプレイです。

主に縄・拘束具などで拘束し、そのまま長時間に渡って一人きりにしておくというやり方が一般的です。

女王様は同じ空間に居て、徹底的にマゾヒストの存在を無視して別の行動をし続けるというような手法もあります。

お店で放置プレイする場合は後者がより一般的です。

長時間拘束され続け、身体的苦痛や助けを求めることが出来ない精神的苦痛を主とします。

拘束しバイブやディルドを使った状態で放置し、性感を受け続けさせることもあります。

放置プレイは羞恥プレイと組み合わされる事も多いです。

裸のまま、あるいは恥ずかしいポーズで拘束されるなど羞恥心を感じさせられる状況で放置します。

えっ!?今日は放置プレイ??と耳にする事もありますが・・・

ある意味、幸せな事ではありませんか?

そこまできめ細かに気配りしてくれる女王様がいるのですから。

ここは喜ぶべきところだと思います!

単なる「ほったらかし」では放置プレイとは言いません。

それは、ただの「ほったらかし」です。

放置プレイを効果的かつ自在に使いこなせるならば、その女王様は賞賛に値すると思います!

行為としては単に無視するだけですが、非常に高度な判断が必要になります。

程度が浅ければ放置にならない、深過ぎれば離れていってしまう。

その程度や頃合いの見極めが非常に難しいプレイだからです。

考え方を変えればプレイも変わる、SMってホント奥深いですね♪

本日も素敵なSMライフを♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です