ちょっと長すぎません?

皆様こんにちは(^^)/

クラブフィン店長シュレックです!

いよいよ大詰めを迎えました今年のプロ野球。

普段それほどプロ野球を観ない方も、日本シリーズともなれば、思わずチャンネルを変えて観てしまうことも。

そこで試合を観ていて、こんなことを思いませんでした?

「なんだ、あのヘルメット?」

両チームの主軸を担う選手たちのヘルメットが片方だけ長い!

もちろん、あのヘルメットの長いアタッチメントには名前や意味がちゃんとあります。

「Cフラップ」
デッドボールから頬や顎を守るために、耳あて部分に取り付けるフェイスガードです。

強打者であればあるほど厳しいコースを攻められるため結果、死球が多くなります。

その残像が完全には脳裏から離れず、思い切って踏み込めない。

そんな死球の恐怖心が引き起こす打撃スランプを防ぐためのひとつの手段として、この「Cフラップ」が活用されています!

見た目に違和感を感じる方もいると思いますが、人気選手を負傷離脱させないという点では、球団側にとっても大きな意味を持つアイテムかと思います。

海の向こうMLBで本格的に広まり始めたのは、今シーズンから。

そのブームが海をこえて秋頃に日本にやってきた格好です。

本当にここ最近の話だったんですね!

来シーズンは更に取り付ける選手が増えるんでしょうね♪

シュレックはCフラップが視界に入って気になってしょうがないのでは?

とずっと思っていました^^;

本日も素敵なSMライフを♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です