【SM】放置プレイ

皆様こんにちは(^^)/

クラブフィン店長シュレックです!

毎週火曜日はSMに関するお役立ち情報をお届けいたします(^^)/

放置プレイとは?

恥ずかしい恰好のまま放っておくプレイのひとつです。

この時、縄や拘束具で自由を奪われます。

恥ずかしさと不安と恐怖で精神的な苦痛を覚え性的な興奮を高めます。

放置プレイでは縛ったまま傍で放置する方法と外出してしまう外出放置プレイがあります。

外出するプレイは事故が起こる可能性もあるので 長時間の放置はオススメしません。

精々30分くらい精神的な不安を与えられほうがいいと思います。

この場合、女王様は何も言わず、買い物などに出かけます。

大きな不安を感じ、女王様が帰って来ただけで、まるで犬がご主人様の帰りを待ってかのように 大きな喜びを示します。

放置プレイには2つの楽しみ方、虐め方があります。

縛り・拘束での放置プレイと玩具放置プレイです。

1.縛り・拘束具での放置プレイ

これは縛り上げる、もしくは拘束具をはめて自由を奪って そのままベッドや床、ソファーなどに放っておきます。

この時、目隠しプレイや口枷プレイと併用します。

自由を奪って転がしてすぐそばにおかれるのです。

まるで単なる物が転がっているかのように、貴方は無視されます。

動けない見えない声が出せない状態のまま・・・

心の中には何もしてもらえない不安と妄想が駆け巡ります。

この放置プレイは精神的な不安を煽り、忠誠心を強化するプレイになるはずですよ!

2.オモチャ放置プレイ

縛り、拘束、目隠して、股間や乳首にバイブを装着してそのまま放置します。

バイブやローターはアナルに入れたままでもいいですし、亀頭に固定してもいいです。

動いても外れないようにしっかり固定できるようにしておきます。

パンテイやパンストを履くのもいいと思います。

これは快感で悶える姿を見て楽しむプレイです。

30~40分もすれば完全にイキまくりのモードになっているはずです。

放置プレイの注意点

拘束する場合は縄できつく縛ったり、合わない拘束具は使わないようにします。

長時間のプレイであることと、我慢しようとする習性があります。

放置プレイは痛みを肉体的な苦痛をあたえることが目的ではなく、精神的な不安や恐怖、屈辱を与えるプレイです。

または恥ずかしい顕わな姿を楽しむプレイです。

愛情のない放置プレイは成立しません。

最後に束縛から解き放った時には女王様に優しく抱きしめてもらってください。

本日も素敵なSMライフを♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です