【SM】優しくいじめてほしい

皆様こんにちは(^^)/

クラブフィン店長シュレックです!

毎週日曜日はSMに関するお役立ち情報をお届けいたします(^^)/

当店にお越し頂く方のなかには「優しくソフトにいじめてほしい」と望む方の割合が多いと思います。

しかし、そうは言っても「優しくいじめる」ということは簡単ではありません。

ライトな言葉責めぐらいなだけでは十分とは言えません。

M男性の望み通りプレイを進める為に必要なのことは、愛ではなく信頼と洞察です。

SMプレイとひとことで言ってみても、緊縛、言葉責め、聖水、鞭、スパンキング、アナル責めなど多岐にわたります。

そのすべてに共通しているのは、「信頼関係が大事」ということ。

SMプレイは相手に対する信頼がなければできないものです。

もし相手に悪意があると思ったら、安心して縛られたりお尻を叩かれたり出来るはずがありません。

そして、もうひとつ洞察力も大切なもの。

相手が何を希望していて、どういう風にしてあげたら悦ぶのか、その点を正確に見抜く目が大切です。

この信頼と洞察がないと、単なる暴力になりかねません。

優しくいじめるとは?

「優しくいじめる」どこか矛盾しているように聞こえる方もいらっしゃるかもしれません。

「優しさ」と「いじめ」という二つの言葉に共存できる余地があるとはいえません。

優しくいじめるとは、M男性の内に秘めた性癖を開放し、そのキャラクターを引き出してあげるということではないかと思います。

アブノーマルなプレイに興味があるという方は少なくありません。

同時に恐怖心や不安から、なかなか前に進めない方も多いはずです。

多くの方は、その興味を露わにすることに、恥じらいであったり、ためらい、プライドなどがあるからではないでしょうか?

女王様の役目は、そういった躊躇や不安感を払しょくしながら、内面奥深くに隠された性癖を引き出してあげることだと思います。

同じ言葉責めをするにしても「もっときみのエッチでいやらしい格好を見たいな。私の目の前でオナニーしてごらん」と優しく問いかけられると従順に言うことを聞いて、任せてみようという思いが高くなる気がしませんか?

最初のうちは女王様に命令されたからやっているだけ。

という言い訳が必要になることもしばしばかもしれません。

しかし、そういう点に注意しながら、ゆっくりと調教を進められると最後には自分の性癖を曝け出すことに躊躇することも無くなっていくはず。

心のドアは一枚ずつ丁寧に開けていくものです。

すべてを一度に蹴り抜こうなどということは決してありません。

今回は少々、小難しい内容になりましたが、安心して女王様に身を委ねてみてください。

本日も素敵なSMライフを♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です