【SM】痛みは媚薬のよう

皆様こんにちは(^^)/

クラブフィン店長シュレックです!

毎週日曜日はSMに関するお役立ち情報をお届けいたします(^^)/

M男性にとって一番虐めて欲しい場所が、性的に感じるペニス。

それに対し全く無防備で攻撃に対してなす術がないのが睾丸です。

急所ですからS女性に蹴られたり、踏まれたりすれば相当な苦痛を感じるところです。

しかし、キンタマフェチの方にとって、この玉責めが最高の喜びになります!

プレイアイテムは、キンタマの根元を強力に締め上げるリングや無数の棘やスパイクの着いた圧迫系のものが多いです。

見るからに拷問のように見えます。

とはいえ、痛みはさほどでもありません。

本当に辛いのは、タマを潰されそうになるクラッシャーのようなモノで責められる拷問プレイです。

M男性にとって、時に痛みは媚薬のような効果をもたらします。

痛みのない苛めはありません。

うめき声を上げ、涙を流しながら痛みに耐える姿は女王様を喜ばせます。

最高の苦痛は鞭でも蝋燭でもなく、キンタマへの攻撃だと思います!

陰茎睾丸は、いくら肉体を鍛えても鍛えられない、攻撃に弱い急所です。

蹴られたり、踏まれただけでも苦痛を感じる場所ですから、締め上げたり、蹴ったり、引っ張るだけでも苦痛を感じるポイントです!

苦痛系プレイがお好きで、次はどんなプレイをしようかとお悩みの方はチャレンジしてみてください!

本日も素敵なSMライフを♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です